自分でできるイタチ駆除方法

subpage-img

イタチは4月から6月頃、出産のため民家の天井などにもぐり込みます。子どもが生まれると屋根裏を走り回り、騒音や糞尿による異臭や汚染、家の断熱材をボロボロにするなどの被害が出てしまうのです。
被害が深刻になる前に、イタチ駆除をする必要があるのです。
イタチは学習能力が高く、そして賢く、身体能力も高い動物です。

そのためイタチ駆除も難易度が高いのです。
そしてイタチは鳥獣保護法の対象となっているため、メスは捕獲することができず、オスの捕獲や駆除も各自治体への捕獲許可申請が必要になるのです。イタチ駆除は基本的には捕獲カゴの罠などを使って捕獲するか、棲みついている天井裏から追い出すかです。



追い出しなら、自力である程度は対処することが可能です。


天井の巣から追い出すイタチ駆除は、イタチが嫌う忌避剤を設置しましょう。


天井裏の侵入口が分かっている場合は、侵入口の場所から遠い場所に何カ所か設置します。

気密性が高い家であれば、害虫用のくん煙タイプの忌避剤でも追い出すことができます。
しかし、驚いて逃げ出すイタチと一緒に害虫が落ちてきたり、衣服や精密機器などに煙がかからないように注意が必要なのです。

イタチは光にも敏感です。ストロボなどの眩しい光は、恐怖と危機を感じて逃げ出すのです。


点滅する光を嫌うため、クリスマスのイルミネーションに使用するLEDを代用することもできます。使わないCDやホログラムシートをぶら下げて光を乱反射させると、より効果を高めることができるのです。イタチの追い出しに成功したら、糞や巣の撤去。
清掃と被害があった部分の補修、侵入口を塞がなければならないのです。

被害の程度によりますが、かなりの労力を必要とするのです。



イタチ駆除に自信がないという場合には、専門の業者に依頼することも選択肢のひとつです。
イタチの捕獲も可能になりますし、プロならではの経験と技術、専門の知識で対応してくれるのです。



top