自分でイタチ駆除をする方法

subpage-img

イタチは本来は野山に住んでいるのですが、人間の家の天井裏や床下に住み着くことも多くあります。



近年では田舎だけではなく都会にも現れ、糞による被害や足音による騒音が多くの人を悩ませています。

その特徴を捉えた最適な方法を利用して、イタチ駆除を望む人が増えています。
イタチ駆除には強い臭覚を利用して、嫌がる臭いを散布する方法があります。


害獣専用の忌避剤が効果的ですが、薬剤を使用するのに抵抗がある人には木酢液の利用もできます。
害虫を駆除する時の燻煙剤もイタチにとっては不快なため、簡単に追い出すことが可能です。



1回の使用で効果が見られない時には、複数回実施すると良いでしょう。家にあるもので簡単に行える方法は、調理用の酢や台所で使用する漂白剤でも大丈夫です。しかし薬剤に比べて臭いが弱いので、1日から2日で交換して設置すると良いです。

暗い住処に光が当たれば、危険を察知して逃げ出す習性があります。



屋根裏部屋や床下に暗い場所に光を入れるとあっという間にいなくなります。懐中電灯などを当てても良いのですが、非常に凶暴なため注意が必要です。低価のもので良いのでイルミネーションなどでも十分に効果があります。またその周囲にCDなどの反射するものを設置すると、光の範囲が広がり更に効果が高まります。


イタチ駆除で覚えておくことは、罠で捕獲する方法もありますが捕獲してはいけない種類のものがいます。

素人では種類の判別が難しいため自治体に相談してから行動すると安心です。

top