イタチ駆除の必要性と方法

subpage-img

イタチは古来より日本に住んでいるネコ科の哺乳動物です。



現在、日本にはニホンイタチとチョウセンイタチの2種類が生息していますが、最近チョウセンイタチが市街地や都市部に住み着いて人間の生活に被害をもたらしています。

本来であれば森林にすんでいるイタチですが、天敵となる動物がいないこと・餌がたくさんあることなどから人間のテリトリーに住みつくようになったと思われます。

市街地をうろうろと徘徊し、生ごみを漁る程度ならまだよいのですが、畑の野菜などを食い漁ったりペットの餌を食い漁ったりするようになっては大変です。

そればかりか、建物や家屋の中に侵入し、巣を作るようになると被害はさらに大きなものとなります。


家屋に侵入したイタチは屋根裏などの暗く暖かい場所に巣を作ります。

そして4月から6月頃に出産を迎えます。



屋根裏でイタチがドタドタと走りまわる音がうるさいばかりか、排泄物により家屋が汚れてしまう可能性があります。

そこを温床にダニやカビ・雑菌などが繁殖し、アレルギーなどを引き起こすケースもあります。



そうならないためにもイタチ駆除は速やかな対応が肝心です。ただし、イタチはその見た目の可愛らしさとは対象にすばしっこく凶暴な一面を持ちます。

むやみに捕まえるようなことは危険なので、個人でのイタチ駆除は絶対にやめましょう。

また、個人が許可なくイタチ駆除を行うことも法律で認められません。


イタチ駆除を扱う専門業者に依頼するのが安全で確実です。

top